岐路 – Description

岐路 – Description

「分かれ道という時代」を表現した写真作品

■ 作品解説



日本人にとっての”象徴”、そして終戦記念日とくれば、天皇制を思わずにはいられない。最後のコマが東京駅前であり、その道の先には皇居があるのも偶然ではないのだ。

2016年8月8日、平成天皇による退位表明は戦後日本という時代の正式な終わりを意味したように思う。11月にあったアメリカ合衆国選挙も色々な意味で、大きな時代の分岐点となったのではないだろうか。


この作品では、そんな岐路に立たされる東京の時代風景を撮るため、山手線の主要な駅前で分かれ道となっている箇所を一日かけて周回した。

たまたま運悪く通行人になった方々には申し訳ないが時代サンプルとして表示するのを御赦しいただきたい。


参考にしたのはもちろんアニメ映画『時をかける少女』。なんどでもやり直せるという能力をえてもなお、未来をどう選ぶかが物語の大きなテーマとなっている。

おっしゃる通り、問題は次に僕達がなにを選ぶのかということなのである。

PREVIOUS:Photographic Works

■ 識別情報


Series岐路
Photographer九条いつき
Captured Date2016.08.15
Location東京周辺
Titles岐路_01-06
Reproduction Limit1
ID Historykiro, kiro_REPLAY, kiro_re, kiro_pf,
Notice

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す