岐路


■ 分かれ道というのは不思議で。

 

分かれ道はそこ自体には何もない風景のはずです。

ところが長い年月のあいだ分かれ道であり続けるため、
それ自体が一種のランドマーク、いわば”象徴”になってしまう存在でもあります。

ですがもちろんここではその”ランドマーク”を撮ることを狙ったものではありません。
この時点に分かれ道があった、その時代風景を撮っておきたい。

そんな作品になっています。

 

2016年8月15日。岐路の記録。

 

夏という季節は日常の分かれ道にも気づかされる。

 

 

 

 

PREVIOUS:Photographic Works