航跡 – Description

航跡 – Description

「空をも掻いて進む」を表現した写真作品

■ 作品解説



「iPhoneで撮影」はご存知アップル社の宣伝文句なのだが、iPhoneでしか撮れないという側面と、iPhoneを購入した人であれば誰でも撮れるという側面がある。もちろんそうでなければ広告として成立しない。商品の未購入者との差別化と購入者利得の平等性。それがなければ誰がその商品を購入するだろうか?

これに限らず、広告とはそういうものだ。


だがこの資本主義社会の輝かしい倫理のなかにこそ、自我の確立を妨げる空虚がある。誰でもできる、大量にあるという状態から「個性」は成り立たないのだから。

そしてそれは飛行機雲の写真も同じだ。それをどれだけフォトショップでいじってみても、そこに「個性」は生じないし見る価値もないかもしれない。複製がいくらでもできるのだ。


しかし考えてみれば、我々の生活のいったいどれ程がこの「複製可能性」から逸脱しているといえるだろうか?あらゆる物が購入できるかもしれない、この資本主義社会において。

そしてこの「複製可能性」の満ちた世界であえて「個性」を創作していく、それがこのプロジェクトの狙いであり、この作品がセルフオマージュである所以なのである。

PREVIOUS:Photographic Works

■ 識別情報


Series航跡
Photographer九条いつき
Captured Date2018.11.11
Location伊丹周辺
Titles航跡_01-03
Reproduction Limit5
ID Historykouseki,
Notice

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す