近くの兆し遠くの兆し – Description

近くの兆し遠くの兆し – Description

「今と接続する未来」を表現した写真作品

■ 作品解説



この作品の解説は『兆し、或いは魔の山にて』展で既に述べているとおりだ。鍵はタイトルにある。

それぞれの写真につけられた題が2つ後の写真を表す言葉となっており、それに気づいた時には、ラスト2枚の題をみると、次にどのような画が来るのかという想像が心に去来する。その幻想こそが、戦後日本的な信仰の形であり、”初詣文化”なのではないかと思う。


例によって1日の流れ撮影による偶然性で完成させているが、作品形式はポストプロダクションといえる。つまり作者の人為によって調整ができる。それをどう捉えるのかは個人に委ねられている。少なくとも自然を写すネイチャーフォトではない。

参考にできるのはコンセプチュアルアートの代表作、美術の教科書でもお馴染みのJ・コスース『1つおよび3つの椅子』だろう。


いわゆる”現代アート”なのだが、こちらはイデア論的な”美”の存在を発想のベースにした作品であるといえる。言葉・イメージ・現物それぞれが同じ1つのイデアをもち、”美”を湛えている、それを現代的な見方で表現するというものだ。

それに対してこの作品のイデア(というと語弊があるが)は普遍のものではなく、次々に遷り変わっていくのである。

PREVIOUS:Photographic Works

■ 識別情報


Series近くの兆し遠くの兆し
Photographer九条いつき
Captured Date2018.1.3
Location愛宕山周辺
Titles樹間を行く

ブルー&イエロー
倒木
あした
言葉
Reproduction Limit2
ID Historykizashi, kizashi_re, kizashi_pf,
Notice

■ 登録情報


Title:樹間を行く
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_01
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_01
Exchange 3いつき(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_01
Title:光
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_02
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_02
Exchange 3いつき(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_02
Title:ブルー&イエロー
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_03
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_03
Exchange 3いつき→yhさん(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_03
Title:倒木
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_04
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_04
Exchange 3いつき(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_04
Title:あした
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_05
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_05
Exchange 3いつき(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_05
Title:言葉
Reproduciton (mm)1. 287 x 420 / 297 x 4202. print / paper
Exchange 1いつき(2018.12.31)
ID:kizashi_06
Exchange 2いつき(2019.1.1)
ID:kizashi_re_06
Exchange 3いつき(2019.2.19)
ID:kizashi_pf_06

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す