上越線にて – Description

上越線にて – Description

青を基調とした「雪国で待ち合わせをする」風景

■ 作品解説



国境の長いトンネルを抜けると雪国であった ー

の一節から始まる川端康成の長編小説、『雪国』。初出は1935年(昭和10年)。モデルとなったのは越後湯沢だと言われている。

では、そのトンネルはどこにあったのか?

それは物語の中で明らかになっている。



東京で働く島村という男が、“雪国”の芸者、駒子に会いにいくという描写があるのだ。

おそらく群馬県と新潟県の県境、谷川岳を縦貫するトンネルのことかとあたりがつく。

上越周辺はその後、映画『私をスキーに連れてって』(1987年)や、ゲレンデでかかるユーミンの『恋人がサンタクロース』、JRのコマーシャル等々があり、すっかり『ロマンスの神様』の舞台となってしまったのではないだろうか。


バブルが弾けてすっかりスキーブームが落ち着いてからも、“雪国”といえば、恋人達の待ち合わせを想起させるのである。

PREVIOUS:Graphic Works

■ 識別情報


Series上越線にて
Photographer九条いつき
Captured Date2014.12.18
Location谷川岳周辺
Titles車窓から
トンネル
待ち人
Reproduction Limit3
ID Historyjoetsu, joestusennite, joetsu_re,
Notice

■ 登録情報


Title:車窓から
Reproduction (mm)1. 260 x 390 / 329 x 4832. print / paper3. print / paper
Exchange 1いつき(2017.10.17)
ID:joetsusennite_01
Exchange 2いつき(仮)
ID:joetsu_re_01
Exchange 3いつき(仮)
ID:joetsu_re_01
Title:トンネル
Reproduction (mm)1. 260 x 390 / 329 x 4832. print / paper3. print / paper
Exchange 1いつき(2017.10.17)
ID:joetsusennite_02
Exchange 2いつき(仮)
ID:joetsu_re_02
Exchange 3いつき(仮)
ID:joetsu_re_02
Title:待ち人
Reproduction (mm)1. 260 x 390 / 329 x 4832. print / paper3. print / paper
Exchange 1いつき(2017.10.17)
ID:joetsusennite_03
Exchange 2いつき(仮)
ID:joetsu_re_03
Exchange 3いつき(仮)
ID:joetsu_re_03

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す