Artist Statement


huwari_01

huwari_01


 

 序

 

はじまりはインターネットだったか。

 

あるいは町の小さな図書館で借りてきた冒険譚だったか、
潮干狩りで拾いあげたバケツ一杯の宝物たちだったかもしれない。

それは僕たち没個性の未来を囁やくアニメーションや漫画キャラクターだったし、
いつの間にか無限にフリーダウンロードできるようになったポルノや音楽や映画タイトルだった。

それは長じて、使い捨てられる高等教育やハンバーガー労働だったし、
一極集中の末のテロや災害だった。

 

それは「複製」だった。

 

「複製」は、一時の豊かさとその後の悪夢を約束していたのだ。
まるでギリシャの賢人が遺した寓話、金の卵を産むガチョウのようだな。
気付いた時にはすでに、平準化され、すり潰された労働者だった。

その頃から、僕は「写真」に興味を持つようになった。
それは現実の「複製」でしかなく、それでもどこかしら意味があるように思えた。

それはただの臆病な敵前逃亡だったか、ありもしない一縷の希望を探す旅だったかもしれない。
しかしそのあてどもない旅こそが、僕を扶けることをしたのだ。

だから今、いや以前にも増して、あらゆる物事を「複製」していく世界に、

僕はひとり、叛逆することを決めたのだ。

 

九条いつき


 

 

PREVIOUS:About This Site

 

Introduction

 

The beginning was the Internet, I wonder.

 

Or it was the adventure novel I used to borrow from a little town library in my boyhood. Perhaps it was those bucketful of treasures found out by the seashore, a old summer diaper days.

It was Japanese Animations or Characters in Manga, who were whispering the fate of us, “one of those people”. And it was those Pornographies, Musics or Movie titles, which we started to download unlimitedly and freely from one day.

It was, in turn, wasted Higher Educations and Hamburger Jobs. And it was, turn into, Terrorisms and Disasters as a result of excess concentrations. All what meant was just one thing;

 

– It was “Duplications”.

 

‘I have ever been caught in the “Duplications” traps again and again that feeds me a brief wealth and consequent nightmares. Just like the tale of “Goose that lays golden eggs”, a Greece sage once told!’, a standardized worker murmured.

Since then, I began to be interested in Photography.
Photography exemplifies “Duplications” of lives however, seemed to me telling a secret of lives at that time.

It could have been just lazy gap years or strays without a ray of hope however, the journey without a ray of hope itself rose me up till this day.

So now, No, more than the past, to the world entire materiality is to be “Duplicated” in the end,

 

I decided to rebel against.

 

Itsuki Kujo

 

PREVIOUS:About This Site