Ticket to Ride – Description

Ticket to Ride – Description

青を基調とした「絵空事」の風景

■ 作品解説



ひさびさにGraphic Worksを更新。といいつつ、前回と比較すると、またGraphicとPhotographicの境界が曖昧なようにみえる作品をもってきた。

しかしこの作品でもって、新型コロナ感染拡大している最中に電車移動を推奨したい訳ではない。そもそもこの作品、写真の範疇を超えて明らかに、

嘘である。

被写体とした下灘駅は海に浮かんでいたりしない。実際には海岸線よりすこし小高い丘にあるし、プランターなど置いてあるのでフォトショップで消さないといけないし(←失礼)、手前には別で撮った海を貼りつけないといけない。これで見にいった人はガッカリして騙されたというに違いない。


だがこの景色、妙に見覚えがあるという人も多いはずだ。たとえば『千と千尋の神隠し』の一場面である。それが発展すると『ONE PIECE』の海列車になったりする。

そして僕が思うに、このクリシェには元ネタがある。JR「青春18切符」ポスター(2000年冬)だ。当時電通なんかがよく宣伝していたのではないかと思うし、下灘駅は一度は行ってみたい秘境駅だったりした。

つまり20年前は「個人旅行」がまだいっこの「絵空事」だったのだと思うのだが、それが今ではネット予約もあって、個人で旅行、ホテルに滞在は当たり前だ。「絵空事」の原点は「現実」に複製されることがある。

それは「現実第一主義」の人にとって不都合な真実であったりするかも知れない。


青春といえば、五輪が開催される一方で修学旅行は中止という悲報があった。本来一学年全員参加の修学旅行だ。現状を考えれば実施はほぼ絶望的だ。

だが考え方を変えて、班行動がメインなことを考えれば、仲のいい5・6人が一緒にいればそれは事実上の修学旅行といっても過言ではない。

そのくらいの人数なら会食しても問題ないだろうし、秋以降はワクチンが行き渡ってハードルもより下がるのではないだろうか?なにしろ秋は行楽シーズン。運動の秋、スポーツの秋だからね。

そんな「絵空事」を考えた。

PREVIOUS:Graphic Works

■ 識別情報


SeriesTicket to Ride
Photographer九条いつき
Captured Date2021.07.21
Location下灘駅周辺
TitlesTicket to Ride_01
Reproduction Limit2
ID Historytickettoride,
Notice譲渡時要地権者認可

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す