疾走するアルゴリズム – Description

疾走するアルゴリズム – Description

「社会進出を始めたAI」を表現した写真作品

■ 附記



『The Horse in Motion(動く馬)』は、疾走する馬の動きを側面から連続撮影した一連の写真作品である。イギリスの写真家エドワード・マイブリッジが渡米していた1878年6月、元カリフォルニア州知事で実業家のリーランド・スタンフォードから依頼を受け、彼の所有する牝馬「サリー・ガードナー」を複数のカメラで撮影したものが最初期のものだという。

その実験に先立って、全力疾走している時の馬の脚は四本とも宙に浮いているか、それとも一本は地面に残しているかで賭けをした、なんていう伝説をどこかで聞いたことがある。


この科学実験らしき「作品」は当時からすぐ話題となり、また面白いことにあのトーマス・エジソンに影響を与えて映写機が生まれ、今の映画産業の原点のひとつになったと言われているそうだ。

その後ハリウッドができて、映画好き人種が出てきて、マリリン・モンローがアイドルになって、アニメも始まってということになるのだから、これこそまさに「写真」で「現代アート」ではないだろうか?

お陰で写真なのに映画といって憚らない『ノスタルジア展』ができた、と言っても過言ではない。


そんなわけで今回は、それを下敷きに作画AIの「デフュージョンモデルアルゴリズム」(?)を人力で実行する例の作品をリデザイン。それによって原典の複製でありながら、それもまた原典という不思議な作品とする予定なのだ。幸い『The Horse in Motion』は全12枚のカードで構成されているため、きっと馬の姿が浮かび上がってくるに違いない。

…いや「きっと」というのは、1月1日時点でまだ全然仕上がっていないからである。出品する展示会は3月9日〜

俺たちの戦いはこれからだ!

九条いつき先生の次回作にご期待ください!!

PREVIOUS:Photographic Works

■ 識別情報


Series疾走するアルゴリズム – Algorithm in Motion
Photographer九条いつき
Captured Date2022.11.13
Location阪神競馬場周辺
Titles疾走するアルゴリズム_01-16
Reproduction Limit2
ID Historyalgo,
Notice譲渡時要許認可(?)

There are no comments

How about leaving your comment? / コメントを残す