日光遠景 – Eye to The Telescape


ブラウンを基調とした「荒野から無限遠点をめざす」風景

ランドスケープ写真のお約束ごととして、遠景から近景まできっちり焦点をあててパンフォーカスに撮るというものがあります。
いわゆる「神の視点」。

 

一方で、遠くを視る楽しみというのも、
多くの人々と共感できるものだろうと
僕なんかは思いますが、いかがでしょうか?

無限遠に作品の焦点をあてている、メテオロスケープ・フォトグラフィカならではの作品です。

(いや物理的に合焦点を無限遠に置いているという話ではなくて、将来的にはまともな写真作品になるだろう、ということです)

 

—-

BROWN COLOR from ‘AIM AT THE UNLIMITED FROM WILDERNESS’-SCAPE

If you make it for Landscape photography, some technical points are required to tick all up. One of them is the focus. You should maximize the depth of field. Clear and pin-sharp focused photographs from the nearest to the furthest is preferable.

In the meantime, I have a feeling that a lot of people love to watch just that furthest point, like you forget about all the nearest disturbs…What do you say?

These are the works that contain some signs of the project “Meteoroscape Photographica” started up.

 


作品名: DETAIL:
戦場ヶ原
小川のほとりから
nikko_re_01
nikko_re_02
nikko_re_03
シリーズ:日光遠景
撮影地:戦場ヶ原周辺
撮影日:2013.10.15
撮影者:九条いつき
COLOR:BROWN
ORIGIN:4032x6048pix
ISO:100
ID:nikko,nikkoenkei,nikko_re

 

※ご意見・ご感想はGuest Bookまで!