Calling Action


光


 

7. 世界にひとつを個人でつくる。

 

というわけで、原典と複製の関係性のシェアはいかがでしたでしょうか?

ここでは次の考えられるステップとして、ファンドレイジングを提案しています。
その理由は、

お金がないから
それが「世界にひとつ」に必要な要素だから

です。

 

ここでいう「ファンドレイジング」とはいったい何でしょう?

簡単にいうと、寄付を集めていますということです。なんだ、お金がないのかと思いますが、そのためではありません。それが「世界にひとつ」に必要な要素だからです。

この「世界にひとつ」とは、つまり”オリジナル”であるということです。『インテリアアート導入プログラム』の章で述べているとおりの意味です。

無限に複製されうる他の存在と一線を画すためのもの。いわば閾値であり、設けられたハードルであり、他とは違うことを明確にするひとつの要素のことです。

 

ですがその閾値だけでは、“オリジナル”には足りないのではないかと思うのです。漁師が勇者になった話、世界にひとつには2通りある。の章を再考すると、“オリジナル”にはもうひとつの要素が必要なのではと思いあたったのです。

それが共感であり、共有です。誰にも共感されていないモノは、それがどれだけ特異なものでも、“オリジナル”足り得ないのではないか?落ちている石を指差してこれはオレの“オリジナル”だ、といっているようなものです。

といっても、別に大人数の共感が必要なわけではありません。

ポップカルチャーであろうとするなら、最大公約数を狙わないといけなくなり、それは僕たちの活動とは基本的に相反する行為になってしまいます。必要なこととは、作品に対する共感があって、それが共有されていることです。

そこでうってつけなのが、ここでいう「ファンドレイジング」というわけです。

ちょうど参考になりましたのでご紹介させていただきたいのですが、鵜尾雅隆さんという方が『ファンドレイジングが社会を変える』という著書の中でこのように定義しています。

 

ファンドレイジングとは『施しをお願いする行為』ではなく、社会に『共感』してもらい、自らの団体の持つ『解決策』を理解してもらう行為である。

 

というのも、幸いなことに今の日本は今日明日食べるものがないという人が少ない。そうするとお金の使い道がたいへん自由になってきていまして、一種の投票に近いところまできている。

例えばある人はお気に入りの絵師のためにガチャをひく、またある人は好きなアイドルを応援するために円盤を買う、なにに使うか、投票するかは自由なのが資本主義のいいところですよね?

そんな背景がありまして、善意の気持ちを集めるという単純な従来型の寄付にも変化がある。もしくは変えていきたいという運動がある。それがファンドレイジングだといえるのではないでしょうか。

要するにこの「ファンドレイジング」がある程度成功すれば、それはその作品がある程度共感してもらっていること、それを共有することができるというわけです。

具体的な実施手段は以下のとおり。

 

実施手段について


  1. 展示会のためにファンドレイジングを実施する
  2. – 目標金額に達すれば、“オリジナル”作品の展示会を開催します。

  3. 目標に達しないあいだは開催しない
  4. – いつまでたっても開催されないということもありえます。

  5. 到達までの期限は「なし」
  6. – 開催はあくまで到達し次第。

  7. 到達金額は当面手動で逐次公開
  8. – 誰でも金額が確認できる募金用の公開口座をつくっていただけるところはないでしょうか?

  9. 到達方法は各自でいろいろ工夫する
  10. – ルールはありません。


 

まとめると、「世界にひとつを個人でつくる」には2つの要素がいるということです。

ひとつは閾値の要素。もうひとつは共感と共有。

また、ここで作っている「価値」は当プロジェクトだけが独占するものではありません。社会全体に寄与されるものとなっておりますので、誤解されませんよう、よろしくお願いいたします!

 

参考リンク:当プロジェクトでも、共感と共有をしていただくためのファンドレイジングを実施しています!

 

:PROJECT

 

7. To Make One and Only in Person.

 

So, we’ve shared the story about the relation of the original and its duplications. How’s it going around you? Here, we propose Fundraising for your next step. Why?

since we don’t have money :(
so that we can create ‘One and Only’ in person :)

 

But what does “Fundraising” mean exactly?

Frankly speaking, it is only a matter of money correction. “OK, you do not have any, so pity…” – This is not quite right. The reason we may need Fundraising is for creation of essential quality of ‘One and Only’, in other words, the ‘Original’.

 

We have already stated about ‘Original’ in the chapter 5. Art Embankment Plan.

That is, to create ‘Original’ we need number of thresholds, constructed hurdles, or something making it clear that the ‘Original’ is parted from the ever increasing unlimited duplications.

 

However, a number of people have told us the ’threshold’ is not enough. All right, we also have drawn it in the chapter 6. “There are 2 ways to be the One and Only.”, which means ‘Original’ owns One More Thing.

Well, what we are talking is that the one more thing is…‘Sharing’.

If no one shared feeling of your things, it wouldn’t be enough for creating ‘Original’, wouldn’t it? Even if it was such a departed one from the others, it would be like a stone the man pointed out and said, “It’s My Original One”.

 

Nevertheless, we do not call that mass recognition is really in need.

Since mass communication tends to represent Greatest Common Factors, basically what they are doing is upside down for us. What we are up to is to create a fact, which shows there have been some shared feeling around it, and which we all can share the incident.

That’s why we’d like to put Fundraising forward.

For handy reference, here we cite a book titled “Fundraising changes the society” written by Masataka Uo. He defines fundraising of as follows;

 

“Fundraising is not the act of ‘begging’ but for ‘Sharing’ the feeling aroused with their society so that people are to see the ‘solution’ organized by the acting members themselves.”

 

This is because in Japan, and some developed countries nowadays, people who have nothing to eat for today and tomorrow are few.

Consumers under the Capitalism are enjoying their freedom. The usage of their money is totally up to the people. Therefore Consumption is becoming much more to resemble the Vote everyday.

The donation one day, which was typically an act of correcting devotions, is being slided to the Fundraising in this circumstance. Let them vote for good. We Can Change!

 

…OK, we don’t have to be a President, but you may get the idea, right? This “Fundraising” can show the fact that there have been some shared feeling around it, and if succeeded in anyway we can share it.

 

Method


  1. Do Fundraising for holding an exhibition.
  2. – Consequently we will hold it when we reached the goal.

  3. Do not hold it till the time when we reach the goal that set by ourselves.
  4. – It could be said that the exhibition is to be held in the far far future, like Never.

  5. The time is ‘NOT’ limited.
  6. – The date of the exhibition is to set soon after when we reached the goal.

  7. Publish it occasionally how much we have earned.
  8. – Well, since there isn’t any bank accounts that allow anyone to check how much amount in it yet.

  9. Do some exercises to get votes.
  10. – No rules.


 

To sum up, we’d like to rephrase that there are 2 essentials for making ‘One and Only’.
One is the ‘Threshold’, the other is the ‘Sharing’.

Some people never know this is for making the “values” which is not only for us but for YOU as well! Open your Eyes, GUYS!

 

Reference: This project is also committing Fundraising!