有人島の開発


青を基調とした埋蔵金発掘プロジェクトの風景

桜の季節は短くて、早いところ変えようと思っていましたが
なかなか機会がなくてですね。

いっその事もう夏写真にかえて5・6ヶ月くらい放置してやろうという計画をたてて、
例の「海に続く道」シリーズを撮影しようと和歌山に行って来ました。

ところがどうしたことでしょう?
なんだかテーマパークの裏側を写してしまう的なアレになってしまうんですよね!

 

どこだかのサイトでUSJの周辺リポートという記事があったんですが、
周辺を散策するにしても、中心部分を考慮しておかないとうまい記事にならない。
あるいは、中心部分にもいろいろ種類があることが分かりました。

要するに盛大に失敗だったんですが、
代わりに海賊の財宝探しな感じのイメージでまとめてみました。
海賊の財宝はなぜか波打ち際にありそうで。

ちなみに円月島の周辺は南方熊楠が粘菌の研究をしていたところだそうです。
南方熊楠ってどうしても水木しげるの紹介から入ったことがあって、
妖怪の一種としてでてくるイメージしかなかったんですが、本当のところどちらかというと
学研の「ひみつシリーズ」とか「藤岡弘、探検シリーズ」的なイメージに
近かったのかもしれません。

というわけで今回は、昭和のオッサンだけが喜びそうな内容でお送りいたしました。

 

—-


シリーズ:有人島の開発
撮影地 :円月島周辺
撮影日 :2017.5.23
作品名 :有人島の開発_re_01
     yuujintou_re_02
     yuujintou_re_03
     yuujintou_re_04
     yuujintou_re_05
     yuujintou_re_06
Color:BLUE
Origin:4032x6048ppi
ISO :800
ID :yuujintou_re_01
   yuujintou_re_02
   yuujintou_re_03
   yuujintou_re_04
   yuujintou_re_05
   yuujintou_re_06

※ご意見・ご感想はGuest Bookまで!ひとこと頂けると励みになります!