上越線にて – Across The Line


青を基調とした「雪国」の風景

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」の一節から始まる川端康成の長編小説、『雪国』。初出は1935年(昭和10年)。モデルとなったのは越後湯沢だと言われています。では、そのトンネルはどこにあったのか?

それは物語の中で明らかになっています。東京で働く島村という男が、「雪国」の芸者駒子に会いにいくという描写があるんですね。おそらく群馬県と新潟県の県境、谷川岳を縦貫するトンネルかと予想がつきます。

上越周辺はその後、映画『私をスキーに連れてって』(1987年)や、ゲレンデでかかるユーミンの『恋人がサンタクロース』、JRのコマーシャル等々、すっかり『ロマンスの神様』の舞台となってしまったのではないでしょうか。

バブルが弾けてすっかりスキーブームが落ち着いてからも、「雪国」といえば恋人達の待ち合わせを想起させます。

 

—-

Blue color from “Snow Country”-scape.

“The train came out of the long tunnel into the snow country.” – Japanese novelist, Yasunari Kawabata started to weave his story “Snow Country” at 1935. They say he did the location hunting at Echigo Yuzawa, northern east area in Japan. So, where is the tunnel?

It’s surely ovbious since he left some clues into the story, which was like this; a business person from Tokyo, Mr. Shimamura visited the snow country by train to see Komako, the Geisha girl. This means the tunnel is located at Mt. Tanigawa and the train line is called ‘Joetsu line’ working even nowadays.

This area after that turned into the ski resort for people living in Tokyo, which was the new sport for dating trip vividly colored by love songs and movies thosedays.

Although the new sport bubble poped down as the economy declined, ‘Snow Country’ is still igniting with the image of rendezvous.

 


シリーズ:上越線にて
撮影地 :谷川岳周辺
撮影日 :2014.12.18
作品名 :車窓から
     トンネル
     待ち人
Color:BLUE
Origin:4032x6048ppi
ISO :200
ID :joetsusennite_01
   joetsusennite_02
   joetsusennite_03

※ご意見・ご感想はGuest Bookまで!ひとこと頂けると励みになります!